NextStageへ To Next Stage

2023年版の「中小企業白書」によれば、経営者年齢の上昇に伴って、事業承継を実施した企業と実施していない企業との間で二極化が起きていると示されています。そこで今回はその違いについて考察し、経営者が取る…

開業医の多くは高収入である一方、勤務医や通常の会社員等とは異なり退職金等がありません。また、収入に比例して生活水準も高まりやすいことから、体の不調や周辺環境の変化により収入が減った場合、生活水準を落と…

開業医がクリニックの閉院を決断する場合、事前に対策をしていないと、時間もお金も体力も削られ、本人だけでなくその家族も大変な事態に陥ってしまうと、株式会社TRUSTの代表取締役社長木下賀友氏はいいます。…

開業医は、自分で準備をしない限り退職金を受け取ることができません。なかには「生涯現役のつもりだから自分には関係ない」と考えている人もいるでしょう。しかし、高齢になっても医師の激務を続けられる保証はあり…

生命保険文化センター「生活保障に関する調査(令和4年度)」では、回答者の82.2%が自分の老後に「不安感あり」としています。もっとも、医師をはじめとした高所得者には無縁の心配事だと考える人は多いでしょ…

クリニックを開業してしばらく経つと、さまざまな理由から「法人化」を検討することがあるでしょう。では、法人化にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 前編記事(【税理士と司法書士が解説】…

クリニックを開業してしばらく経つと、さまざまな理由から「法人化」を検討することがあるでしょう。ただ、法人化にあたっては「タイミングが重要」と、多賀谷会計事務所の宮路幸人税理士と、司法書士法人永田町事務…

2015年に相続税の基礎控除が改正されたことをきっかけに、「相続セミナー」が盛んに開催されるようになりました。ところが、こういったセミナーをきっかけによくわからないまま不動産投資をはじめた結果、相続対…

50代、60代でやっておくべきこと…人生100年、自分らしく、自由に。

充実したセカンドライフを送るために貯蓄や資産運用など、経済的な準備も必要ですが、それ以外に50代、60代のうちにやっておいた方がいいこととは何でしょうか?健康、人間関係、趣味・娯楽、住まいの4つの要素…

賢いクリニックの完結方法 ~ハッピーリタイアメントの4ステップ~  クリニックを閉院することは、医師やスタッフだけでなく、患者さんにとっても重要な問題です。 後継者がいれば、悩むことはないのですが…