輝く組織 Shining Organization

今こそ準備を!クリニックにも備えておきたい防災グッズ

カテゴリー
今こそ準備を!クリニックにも備えておきたい防災グッズ

画像はイメージです。

「災害が起こってからでは遅い。」

防災グッズを準備しておく“重要性“を理解してはいるけど、なかなか準備できない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、そんな防災グッズについて、家庭では準備できている方も、クリニックでも準備いただければと思いご紹介します。

本当に必要な防災グッズってなんだろう?

最初の壁は、「なにから始めたらよいのか・・・」
ここで後回しにしてしまう人も多そうです。
そう感じられる人が多いのか、最近では、防災グッズをセット販売していることをよく目にするようになりました。

セットを買うのが楽そうだけど、なんとなく値が張りそうだし、ひとつひとつ本当に必要なのか判断しづらいなぁ・・・と感じている方も多いのではないでしょうか。

アレコレ詰め合わせれば、それでOK?

“心配性”な方は、海外旅行や国内でも長期間旅行するときに、あれもこれも詰め合わせがちじゃないでしょうか。私もそのうちのひとりです。旅行が終わるころには一度も着ずにきれいなままの衣服を見て「持ってきすぎた・・・」と後悔した経験があります。

防災グッズに限って言えば、いざ避難するときに持って逃げなければいけません。成人が持って走れる重さでなければいけないことを考えると、目安として3~5kgぐらいでしょうか。アレコレ詰め合わせると重量オーバーになってしまいます。

地震などで地殻変動した道を歩くことも想定すると、両手は空けた状態が望ましく、リュック型が主流となっています。雨が降ることも考えると、撥水機能をもったリュックであればなお良いですが、難しければ防水しなければならないものだけ100均のジップ式ビニール袋に入れるなど工夫もできそうです。(また心配性すぎる性格が露呈してしまいそうなので、このあたりにしておきます。)

今こそ準備を!クリニックにも備えておきたい防災グッズ

画像はイメージです。

クリニックにも、防災グッズ常備をご検討ください

災害の多い日本で暮らす以上、いつ、どのタイミングで罹災してしまうかわかりません。また自然相手には時間帯のコントロールができず、必ずしも自宅にいるときに災害が発生するとは限りません。

何より、通院される患者さんやスタッフを守らなければなりません。
普段使用しないものにスペースを割く余裕がない場合は、収納付きロビーベンチに変えることで収納場所を確保できるかもしれません。

今こそ準備を!クリニックにも備えておきたい防災グッズ

画像はイメージです。

防災グッズの準備をお手伝いします

いかがでしたでしょうか。
今回は、これから訪れる梅雨や台風シーズンを前に、「防災グッズ」にフォーカスしました。
まずは、なにが必要なのか情報収集することから始め、機能性をどこまで求めるかはケースバイケースで個々の判断となります。

シャープファイナンスでは三越伊勢丹と提携し、開業医の皆さまに便利にご利用いただけるECサイトのご紹介をしています。
冠婚葬祭ギフトを中心に、防災グッズも揃えていただけます。
シャープファイナンス紹介特典で、三越伊勢丹のギフト好適品が一部ご優待価格にてご購入いただけます。
(※防災用品はご優待対象外となります。)

詳しくはコチラのサイトをご覧ください。
三越伊勢丹法人オンラインストア ログイン画面

三越伊勢丹法人オンラインストア ログイン画面

著者:
シャープファイナンス株式会社 Medical LIVES事業室
提供:
© Medical LIVES / シャープファイナンス

記事紹介 more

昨年10月からはじまった「インボイス制度」。導入前から賛否両論あった本制度については、マニュアル作成…

福利厚生と聞いて、思い浮かぶ制度はどのようなものでしょうか。慶弔給付、財産形成、各種補助・・といった…

ドライブの醍醐味のひとつに、途中で立ち寄る「道の駅」を挙げられる方もいらっしゃるのではないでしょうか…

年々増える相続トラブル。被相続人が医師の場合は、通常の相続以上に複雑で、トラブルが起きやすいと、弁護…

従業員の満足度向上のため、快適で過ごしやすいスタッフルームを作ることは安定した経営には欠かせないもの…

この度、弊社所有のクリニックモールが金沢都市美文化賞を受賞したことをお知らせします。金沢都市美文化賞…

“勤め人”である勤務医には退職金が出る一方、“経営者”である開業医は、一生現役も可能である反面、なに…

ゴルフをはじめようと思ってもルールやマナーがわからない!という方も多いのではないでしょうか。特にマナ…

近年、晩婚化や少子化、高齢出産など、不妊に悩む方が増えています。2022年4月頃からは人工授精などの…