豊かな生活 Quality Life

一流百貨店バイヤー厳選!三越伊勢丹ふるさと納税 Vol.39 ① 今月の郷土料理

関連タグ
カテゴリー
一流百貨店バイヤー厳選!三越伊勢丹ふるさと納税 Vol.39 ① 今月の郷土料理

【今月の郷土料理】素朴で沁みる美味しさのきりたんぽ鍋。心までじんわりと暖かくしてくれます。

<ふるさと納税にも百貨店品質を>
『三越伊勢丹ふるさと納税』では、百貨店バイヤーが選んだ返礼品や丁寧で早い配送など、安心と信頼をお客さまにご提供してまいります。

<三越伊勢丹ふるさと納税は、三越伊勢丹が運営するふるさと納税のポータルサイトです。
※本ページは三越伊勢丹ふるさと納税からの転載記事となります。>
https://mifurusato.jp/furusatopics/index.html  

▼関連記事はこちら
Vol.39 ➁【おすすめのペアリング返礼品】焼き柿×アイスクリーム
Vol.39 ③【今が『旬』の食材】~「新米」で毎日いただくご飯がご馳走に~

きりたんぽ発祥の地 鹿角

一流百貨店バイヤー厳選!三越伊勢丹ふるさと納税 Vol.39 ① 今月の郷土料理

北風が冷たい季節、ここ秋田県にも冷えた体を温めてくれる美味しい鍋と言えば そう、きりたんぽ鍋です。
その主役の「きりたんぽ」とは一体どのようなものなのでしょうか。
「きりたんぽ」は鍋に入れる前は細長い形となっています。

これを「たんぽ」と言います。

その名の由来は
1. ガマの穂の事を鹿角の方言で「短穂(たんぽ)」「立ち穂」と呼んでいた。(鹿角方言考・大里武八郞著)
2. 最初の作業でおむすびを枝につけた形がけいこ用の「タンポ槍」に似ていた。
3. 槍にかぶせる丸い鞘に似ていた。
などなど
※たんぽとは、粗くつぶしたご飯を杉の木の棒に巻き付けて焼いたもの。

何故、このたんぽを鍋に?

一流百貨店バイヤー厳選!三越伊勢丹ふるさと納税 Vol.39 ① 今月の郷土料理

南部藩の御境奉行が味噌つけ短穂(たんぽ)を食べて大変喜ばれたと伝えられています。では、何故このたんぽを鍋に入れるようになったのでしょう。

そもそも「たんぽ」は山子〔やまご〕と呼ばれる山から木を切り出す人たちの間食でした。山子の炊事担当は前食の残り飯をたんぽ串に握りつけて小屋の上壁に刺しておきます。
山子達は夕飯の支度ができるまで、このタンポに味噌を付けて火にあぶり間食としました。今では、すっかり馴染みの味として、地元の人たちに愛されています。

これを「山子たんぽ」「みそ付けたんぽ」と呼ぶようになったのです。

さまざまな具材が入った鍋で山子の疲労回復

一流百貨店バイヤー厳選!三越伊勢丹ふるさと納税 Vol.39 ① 今月の郷土料理

民俗学者の柳田国男氏はその著述の中で、「山子たんぽは秋田県鹿角地方の風習である」と言っておられます。
また、山子達が「キジ鍋」や「ウサギ鍋」にたんぽを手折って入れた鍋が「きりたんぽ鍋」の原型と言われています。

炊き上がったお米をすりつぶす事で消化がよくなり、山で重労働をこなす山子の疲労回復にはもってこいですし、様々な食材の入った鍋は2度に栄養が取れてまさにピッタリだったのでしょう。
きりたんぽ鍋は米どころ秋田が生んだ働く人々を力づける知恵の産物だったのです。

ほっと優しい気持ちになれる、素朴な田舎めし

一流百貨店バイヤー厳選!三越伊勢丹ふるさと納税 Vol.39 ① 今月の郷土料理

たんぽが囲炉裏に立って焼かれている姿が「1111」と似ていることから、11月11日は「きりたんぽの日」として認定されました。

ぜひ、ふるさと納税できりたんぽの味をお楽しみください。

「きりたんぽ発祥の地」秋田県鹿角市のきりたんぽ鍋

比内地鶏の自家製スープと贅沢な具材に手間ひまかけたきりたんぽ鍋がお家で手軽に味わえます。

画像をクリックすると商品ページにリンクします。

秋田県鹿角市
<サロン・ド割烹 美ふじ>
比内地鶏きりたんぽ鍋セット 2~3人前 みそつけたんぽ付き
寄附金額: 21,000 円
▶詳細はこちら

▶<サロン・ド割烹 美ふじ>その他返礼品はこちらから

著者:
株式会社三越伊勢丹
提供:
© Medical LIVES / シャープファイナンス

記事紹介 more

「最近、風邪が流行っているわね。」「駅前のクリニックが優しい先生でよかったわよ。」というような世間話…

このところ落ち着きを取り戻していた電気料金が、2024 年に入り再び上昇を始めています。1 月の電力…

『遠隔読影サービス』を提供しているシミックソリューションズ株式会社様より、今回は特別に<シャープファ…

「改正電子帳簿保存法」をご存じでしょうか。もともと1998年に施行された「電子帳簿保存法」が2022…

高所得者や一定以上の資産を有している場合、資産防衛や税金対策など、それぞれの目的のために「不動産投資…

ドライブの醍醐味のひとつに、途中で立ち寄る「道の駅」を挙げられる方もいらっしゃるのではないでしょうか…

2015年の税制改正以降、相続税の課税対象者が増加傾向にある日本。せっかく苦労して稼いだお金に多額の…

今回は、富士通Japan株式会社よりコラムを提供いただきました。富士通Japan株式会社は、「Fuj…

ゴルフ場での楽しみといえば、純粋にプレーすることだけではなく、ハーフ休憩やラウンド後にみんなで食べる…